ロゴ

一戸建てを建てる方法は大きく分けて2種類ある

>コラム>自分たちに合っ手段で一戸建てを建てるのが鉄則

自分たちに合っ手段で一戸建てを建てるのが鉄則

室内

建売と注文住宅の違い

名古屋は日本有数の大都市で人口も年々増加しています。転勤などで名古屋に来てそのまま一戸建てを購入するケースも増えています。個人が一戸建てを持つには土地がない場合は土地探しから始めます。土地を購入したらハウスメーカーや工務店に建築依頼をします。このような一戸建ては注文住宅と呼ばれ、建築主の要望を取り入れた家をつくることができます。また土地探しは面倒だとか、すぐに一戸建てを持ちたいと考えるなら建売住宅を購入するという方法もあります。建売住宅は業者が用意した土地に住宅が建てられています。建物を実際に見ることが出来るので、そこでの生活を想像しやすいというのが利点です。しかも気に入って購入したらすぐに住むことができます。

家

住宅ローンの代行もする

名古屋で一戸建てを建てるには注文住宅の場合、住宅展示場などを見学に行くとよいでしょう。ここで気に入ったハウスメーカーを見つけることができます。また地元に密着した家づくりをしている工務店も一戸建てを依頼するには安心感があります。注文住宅を建てるには土地が必要ですが、ハウスメーカーや工務店は土地探しの手伝いをしてくれることもあります。申し込みをしてすぐに契約をするというのではなく事前に十分なカウンセリングが行われます。ハウスメーカーや工務店は家づくりの要望や資金などを聞き、それにそったプランを立てます。また住宅ローンの借入なども手伝ってくれるため、その場合所得証明や身分証明書、実印などを用意します。建売住宅も契約の際には名古屋の業者が住宅ローンの借入手続き代行などをしてくれます。