ロゴ

こだわりたいなら断然注文住宅が最適!イメージ通りの城が建つ

>レポート>注文住宅を建てるなら知識を詰め込もう【後悔したくないなら必読】

注文住宅を建てるなら知識を詰め込もう【後悔したくないなら必読】

住宅模型

古家有りの物件も視野に

土地付き一戸建ての分譲住宅と違い、注文住宅は最初に土地を探すところから始めるのが基本です。既に土地を所有している場合は別ですが、広島で注文住宅をお考えの際も、県内で何れかの土地を見付ける必要があります。ですが、更地で良い土地が見付からない場合、古家有りの物件を探すのも良い方法です。建築前に解体する必要はありますが、この方法で注文住宅を建てるケースも少なくないため、視野に入れておくと良いでしょう。その際、広島県でも自治体によりましては、老朽家屋の除去に関する助成金を受けられる場合があるかもしれませんので、一度確認してみるのも豆知識です。ただし古家有りの土地を購入して注文住宅を建てる場合、隣接道路の状況などにより、再建築不可でないことを確かめておくのも、大前提の基本事項になっています。

部屋

依頼先によって相場が違う

ハウスメーカーは広島県でも下請け会社が施工する場合が多いため、注文住宅の相場としては高めになっています。しかし、軽くて丈夫な新しい建材や、それを活かした独自工法の提案など、ハウスメーカー特有の強みを持っていることでも人気です。一方、大半の工務店は受注から施工までを自社で行いますから、中間手数料が不要なぶん、ハウスメーカーより安く済むことで定評があります。中には下請け会社を持つ工務店もあるかもしれませんが、広島県で注文住宅を安く建てたい時は、検討しておくと良い申込先です。そして、古家有りの土地を購入した場合、例えば木造なら1坪当たり概ね3万円から5万円、鉄筋コンクリートならその倍以上など、解体費用も必要になります。